• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第61回 愛知県私学弁論大会が開催されました

【2013年11月6日開催】

11月6日(水曜日) 日進市民会館の小ホール及び大ホールにて、愛知県私学協会主催による『第61回愛知県私学弁論大会』が開催されました。これは、県内の尾張地区、三河地区の私立学校が持ち回りで開催担当校となり、毎年11月頃、県内の私立中学校、高等学校から多くの出場者が集まり弁論を競う伝統のある行事であり、今回は、本校が開催担当校となりました。
今回は、15名の中学生の弁士の皆さんと、同じく28名の高校生の弁士の皆さんが、それぞれ熱弁を振るってくれました。

本校からは、2年 普通科 特進コースの笠原由希子さんが登壇し、『私を変えたESD』という演題で約7分間、所属している化学部での絶滅危惧種ウシモツゴの保護活動や文化祭でのフェアトレード活動について、そこから学んだこと、次の活動へ繋げていくことの大切さを演説してくれました。残念ながら入賞はできませんでしたが、本校の代表として一生懸命、頑張ってくれました。

また本校の生徒達は、各校から選ばれた同世代の仲間が、それぞれの体験や感じたことを自分の言葉として発表する姿を見聞きすることのできた貴重な一日となったことと思います。
 

開会式 優勝杯返還の様子
開会式より昨年度優勝校による優勝杯返還の様子本校代表生徒の弁論の様子
笠原さんの弁論の様子

弁論大会の様子
会場の様子 審査委員長総評
閉会式より審査委員長総評の様子