• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第1回中部大学+かすがい大好き市民フェスタに参加しました

【2015年11月15日】

11月15日(日曜日)、中部大学不言実行館アクティブホールで、「第1回中部大学+かすがい大好き市民フェスタ」が行われました。
このイベントは、「暮らしやすい春日井を全国へ、持続可能な春日井モデルを世界へ」と題して、春日井・高蔵寺ニュータウン女性100人委員会が主催し、春日井市が後援、中部大学他が協力して実施したものです。

内容は、不言実行館周辺や、赤レンガ広場で、春日丘中学の和太鼓演奏をはじめ、中部大学の学生や、春日井市のボランティア団体などによる模擬店が並びました。
不言実行館内では、「中部大+かすがい大好き市民ファッションショー」や「市民・学生・高校生+産官学モデルの可能性と大学の役割」と題してラウンドテーブルが行われました。
中部大学第一高校の生徒は、中部大学国際関係学部の学生と、中部大学民俗資料博物館に展示されている、世界の民族衣装と中国歴代王朝民俗衣装を着て「世界民族衣装ファッションショー」にモデルとして出演しました。
それぞれの国の音楽をBGMに堂々とウォーキングをして多くの拍手をいただきました。
また、西山校長と河内国際関係学部副学部長によるファッションについてのミニ対談も行われました。


ミニ対談の様子


アラビア衣装

ハニ衣装


モデルの皆さん


男性モデル


女性モデル