• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

「中部大学第一高等学校ESD研究活動大賞」を開催しました

【2017年2月7日】

学校法人中部大学は、総力をあげて「『ESD理念』を習得し、『人類と人間文化の持続的発展』を牽引できる次世代リーダーを育成する」ESD学園を目指し、数多くの取り組みをしています。愛知県で最初のユネスコスクール加盟校である本校もその一員として、さまざまなESD活動を実践してきています。

本校でESDを実践している団体が活動成果を披露し、それぞれの活動を共有するとともに、今後さらに研究・実践活動が活発になるよう期待し「中部大学第一高等学校ESD研究活動大賞」を募集しました。
その結果、9つのグループの応募があり、2017年1月21日(土曜日)に視聴覚室において発表会を行いました。

以下は発表グループと内容です。(発表順)

  • 1・2年生普通科特進コース「フェアトレード活動報告」
    フェアトレード概要、活動の目的、フェアトレードショップ訪問、文化祭での発表、地域での活動等について発表しました。
  • 1年生機械電気システム科C組「工業科における地域と協働した防災活動を通したESD活動」
    ものづくりと防災について、自分達で作成した地震体験機や防災用品、防災食の試食体験などの文化祭や「にっしん市民まつり」での展示や活動について発表しました。
  • ESD部1年生「『愛キャップ』ペットボトルキャップのリサイクルについての調査・研究」 
    実際にペットボトルキャップの受け入れを行っている企業を訪問して学んだこと・キャップの再生について・「愛キャップ委員会」の活動や「世界の子供にワクチンを日本委員会」の活動について発表し、ペットボトルキャップの回収協力を訴えました。
  • 2年生普通科進学アドバンスコースD組「ゴミの分別問題を考える」 
    留学生の出身国であるタイのゴミの分別の仕方と日本のゴミの分別を比較しながら、本校での分別の問題点と今後に向けて学校として取り組んでいきたいことについて発表を行いました。
  • 3年生進普通科進学コースF組「世界寺子屋運動」
    2011年からクラスや生徒会で継承してきた「世界寺子屋運動」について、これまで取り組んできたことの成果を発表しました。
  • 国際交流部2年生「What can we do for developing A&C’s relationship?~アセンズ高校との友好提携でひろがること~」
    アメリカオハイオ州アセンズ高校の紹介と交流発展のためにこれまで取り組んできたことと今後の関係の発展について発表しました。
  • ESD部1・2年生「にっしんCOOL CHOICEプロジェクト」
    地球温暖化の問題解決への取り組みとして、日進市と中部大学と連携して進めてきた「にっしんCOOL CHOICEプロジェクト」の活動内容と「にっしんわいわいフェスティバル」にて子どもや地域の方達と行った活動について発表しました。
  • 科学部3年生「ウシモツゴ プロジェクト」
    科学部が取り組んできた絶滅危惧種ウシモツゴの生態、飼育の経緯、過去の失敗、問題解決に向けて、実際に東山動物園で飼育係の方から学んだ内容等を動画など使用しながら発表しました。
  • 1年生機械電気システム科C組「ESD活動を通した「ものづくり」と「ひとづくり」」
    ペーパークラフトを用いたモデルロケットを製作し、気化したエタノールを電気で着火し発射実験を行う様子や、「にっしん市民まつり」で吹き矢ロケットを子ども達と製作し、競技会を行ったこと等を発表しました。

どの発表においてもESDの理念に沿った活動実践内容や今後の発展について具体的に述べられており、大変すばらしい発表でした。

最優秀賞に、科学部「ウシモツゴ プロジェクト」、優秀賞に、2年生普通科進学アドバンスコースD組「ゴミの分別問題を考える」、ESD部「にっしんCOOL CHOICEプロジェクト」が選ばれました。

ウシモツゴ プロジェクトウシモツゴ プロジェクト

ごみの分別問題を考えるゴミの分別問題を考える

にっしんCOOL CHOICEプロジェクトにっしんCOOL CHOICEプロジェクト

校長校長 高評