• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

「STEM領域を用いた問題解決」特別授業(第2回)が行われました

【2018年6月14日】

6月11日(月曜日)埼玉大学STEM教育研究センターの野村准教授にお越しいただき、機械電気システム科1年生を対象に、「STEM領域を用いた問題解決」第2回目の特別授業が行われました。

最初は、自立型ヒューマノイドロボットNAO(ナオ)を使い、Pepper(ペッパー)とNAOの違いや音声認識による対話、カメラによる人の検知等、ロボットと人間の多様な関わり合い方について学びました。

その後、前回製作したクルマにマイクロコンピュータを搭載し、自動走行させました。
情報技術基礎で学んだ知識を生かし、前進や回転走行など自分のプログラムで自在に走行させていました。
また、角度や移動距離を制御する時に数学で習う「比」を利用すると、効率よくプログラミングできることを知り、数学の新しい考え方や知識の使い方に、生徒たちは感心していました。

次回は、7月2日(月曜日)、どのようなSTEM授業になるのか楽しみです。