• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

愛知県高校生防災フォーラムで発表しました

【2019年1月21日】

2018年12月14日(水曜日)名古屋大学減災館で、「高校生防災フォーラム」が行われ本校が代表校として発表しました。

この事業は、愛知県防災局・教育委員会・名古屋大学が、高校生を対象に「自然災害に対する知識や技術の習得などによる防災対応能力の向上とともに、災害時には積極的にボランティア活動へ参加しようとする心を育て、学校や地域の防災力向上に貢献できる防災リーダーの育成を図る」ものです。
この日、平成29年度・30年度の2年にまたがる活動の成果を発表しました。
8期校15校のうち、代表校3校が全体会で発表しました。

本校から参加した普通科2年生の三堂歩君、松尾凌太朗君、伊藤颯太君、松尾健友君の4人は、セミナーで学び自分たちで考え「1,本校防災避難訓練時の避難路の検証、2,生徒の『帰宅支援キット』の生徒への見える化、3,スクールバス運行路の安全の調査、4,『普通救命講座1』への参加」についての取組と、文化祭等で発表したことを報告しました。

また、午後の分科会では、司会者として会の進行に努めました。