• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援について

【2020年5月8日】

在校生および保護者の皆様へ

学校法人中部大学 理事長 飯吉厚夫
中部大学第一高等学校 校長 太田博道

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援について

平素より本学園の教育活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、新型コロナウイルス感染症拡大と政府の緊急事態宣言を重く受け止め、本学園では生徒の安心・安全を確保するために、高等学校・中学校において休校措置をしております。

通常授業や部活動が実施されず、先生や友人との接点が減少する中で、生徒の皆様におかれましては不安を抱かれていることと思います。
このような環境のもとで、すでに高等学校・中学校においては、先生からそれぞれ事前に課題が出され、一部ICT機器なども活用するなどして、日々の家庭学習を進めております。 

この決定は、生徒の生命と健康を守ることを最優先した措置であり、当面の間、校内での授業を待ち望んでいた生徒の期待には応えられないことになりますが、今後も授業の質を維持し、生徒の皆様の学びの到達目標を達成できるよう、教職員一丸となって、全力を尽くしてまいります。

このような先行きが見えない状況ではありますが、生徒の皆様がオンライン教育や課題学習を進めるにあたり、本学園では高等学校・中学校に在学する皆様に対し、下記の緊急支援策を講じることと致しました。
また、このような緊急支援と併せて、精神的な支援についても一人も残すことなく今後もサポートしてまいります。

本学園の建学の精神は「不言実行~あてになる人間」を育てることです。
言い換えると、困難に直面した時に総合的判断のできる「人間力」を身につけることです。
今回の新型コロナウイルス感染症という危機の中にあって、生徒の皆様が多くのことを学び、経験して人間力を磨く機会になることを願っています。

皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 「学習環境整備充実支援金」

    オンライン教育に必要なインターネット環境の整備、PCによる家庭学習環境の整備のための緊急支援として
    在校生全員に一律30,000円を支給します。

    ※支給方法については、別途後日お知らせいたします。