• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学校再開に向けて

【2020年5月18日】

生徒の皆さんへ

中部大学第一高等学校
校長 太田 博道

学校再開に向けて

全国に緊急事態宣言が出てからおおよそ2か月が経ちました。
本校では愛知県知事の要請を受け、休校を続けてきましたが、5月25日(月曜日)より段階的に学校を再開することになりました。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症のリスクがなくなったわけではありません。
これからは新しい生活様式が求められます。
学校でもできるだけリスクを減らす対策を行います。
窮屈に感じることもあると思いますが、皆さん一人ひとりの協力が必要です。
 

【一人ひとりが実行すること】
  1. 登校する前に自宅で必ず検温してください。
  2. 自分の体調を保護者に伝えてください。発熱や風邪症状がある場合は、保護者に相談して、自宅で休養してください。
  3. マスクを着用して登校してください。布製でも構いません。
    公共交通機関やスクールバスに乗車する際もマスクを着用し、緊急の場合を除き、発声を控えてください。
  4. ST時に健康観察表を記入し、担任に提出してください。
  5. 登校後、体調が悪くなった場合は直ちに担任もしくは保健室に申し出てください。
  6. 登校後、トイレの後、食事の前は必ず手洗いをしてください。
    校内に手指消毒用のアルコールを用意します。
    必要な場合は使用してください。
  7. 三密場面を減らすため、当面の間購買での飲食物の取り扱いを停止します。
    昼食等は各自で用意してください。
  8. 基本的に食事は自分の席で食べてください。
    その際、机や椅子を移動しないでください。
    食事が終わったら、速やかにマスクを着用してください。
  9. 帰宅後は、手洗いと洗顔、着替えをしてください。
  10. 十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動に心がけてください。
【学校が行う対策】
  1. 換気の徹底(教室の窓は常に開けておきます)
  2. 手指消毒用のアルコールの設置(手洗いが難しい場面で使用してください)
  3. 健康観察の徹底(朝のSTで健康観察を行います)
  4. 各種行事の見直し(三密が想定される行事は内容を変更もしくは中止します)
  5. スクールバスの対策(過密なバスの緩和、窓を開けたままの走行をします)

長期の休校でメンタル面での不調やこれまでの自分と違う感じを抱いている場合は、担任もしくは保健室に申し出てください。
希望があれば、スクールカウンセラーとの面談もできます。